●反社会的勢力対応ポリシー

NPO法人自助サポートセンターは、反社会的勢力による被害を防止するため、特定非営利活動促進法に基づく特定非営利活動団体としての社会的責任と公共的使命を遂行すると共に、「社会からの信用と信頼を礎とした社会貢献」を実現するため、次のような基本方針に従い活動しています。

1.反社会的勢力による不当要求には、理事および社員をもって対応し、定期的に当団体関係者に対しチェックを実施します。

2.反社会的勢力による不当要求は一切拒絶し、民事上と刑事上の両面から法的対応を行ない、会員および活動に従事する関係者を守ります。

3.反社会的勢力とは取引関係を含めて、一切の関係を持ちません。既に当団体と取引関係にあるものが反社会的勢力、またはその関係者であることが判明した場合は、取引の解消に向け適切な措置を速やかに講じます。

4.反社会的勢力による不当要求が、事業活動上の不祥事や役職員の不祥事に起因する場合にあっても、事実を隠蔽するために反社会的勢力と取引は行ないません。

5.本基本方針に定義する「反社会的勢力」とは、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求し、または市民生活の秩序や安全を阻害する集団または個人をいいます。(暴力団、暴力団関係企業、総会屋、特殊知能暴力集団等に係る属性要件とともに、法的責任を超える不当要求、暴力的な要求行為等を踏まえ機動的に判断します。)

 

2019年4月1日  NPO法人自助サポートセンター