自助サポートセンターは企業のCSR活動を支援しています

 

Corporate Social Responsibility 企業の社会的責任

一般に、コンプライアンス(法令遵守)、コーポレートガバナンス(企業統治)、ディスクロージャー(情報開示)など、企業が社会に対して果たすべき「責任」のこと。

企業活動には多くのステークホルダー(利害関係者)との関わりの上に成り立っているため、こうしたステークホルダーとの双方向のコミュニケーションが重要となり、企業の立場から積極的にコミュニケションを図って行く活動 (CSR活動) が重要視されてきているため注目を集めている。

 

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について


 

【主な事例】


SDGsに取り組みたいが何をしていいかわからない

  【当法人会員特典】社内研修でカードゲーム実施

  ・社員の意識が高まる。・理解が深まる

  ・ワークショップでチームワークが高まる。

【実施例】

「SDGs Stert from 自治会・町内会プロジェクト」

    ~自治会や町内会でカードゲームを開催~

誰一人取り残さない」身近なコミュニティの形成。

支え合い助け合う社会の実現を目的とした活動

・町内会イベントとして実施。・他人任せの自治会にしない。

・自治会への積極的参加推進。・ダイバーシティ社会の実現。


CSR活動を始めたいが何をしてよいのかわからない

企業寄付という考え方

現代社会では企業のCSR活動が企業自体の評価に関わる時代になっています。そのCSRの中でも「寄付」という形で社会貢献する企業が増加しています。

企業寄付はただお金を出すだけではなく、企業がどのようなステークホルダーと関係性があるかどうかの評価基準となります。当法人の活動内容をご理解いただき、ご支援いただきますようお願いいたします。

 

⇒法人会員・入会特典


慈善活動をやりたいが担当者や参加者など人員不足

障がい者支援制度にご協力ください。

親にもしものことがあっても、残された障がい児が安心して暮らせるように、生活資金を支援し、貧困に陥るのを防止する制度です。

誰にも負担をかけない、無理なく支援ができる「共助制度」

親・家族・協力者・市民・企業・生産者など、全員が参加して、それぞれができることを行ない、残された障がい児が貧困に陥らないように支援する「共助制度」です。

支援方法は、「使う」「買う」だけ。

◎チャリティ複合機

◎チャリティ自動販売機

◎お米の購入


CSR活動を通じて社外ステークホルダーと良好な関係性を築きたい

ビジネスパートナーとしてもご活用ください!

NPO法人自助サポートセンターは、行政書士など数多くのビジネスパートナーが存在します。御社のビジネスにもご活用ください。

※詳しくはご相談ください。

・WEBコンサルティング

・メール配信サービス

・営業代行

・企画書作成代行

・社内教育サポート

・マッチング事業

・事業承継サポート

・助成金申請サポート

プレスリリース、ニュースリリース配信代行